INFORMAITIONお知らせ一覧

ぎっくり腰は、ぎっくり腰になった人の数だけ原因があります。
ぎっくり腰になる原因の多くは3つ挙げられます。

ぎっくり腰になる原因として、根本的な原因になっているわけではなく、様々な要因が絡みあい、ぎっくり腰という結果になってしまいます。

●筋肉疲労からの腰痛
まず1つ挙げられるのが、筋肉の慢性疲労です。ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しているのです。

中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。

これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症してしまったと言えるでしょう。

日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。

それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです。

●骨格の歪みからくる腰痛
ぎっくり腰になる原因の1つに、骨格の歪みもあげることができます。私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いでしょう。

こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。

使われている筋肉には負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたことが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。

歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながるのです。

●いきなりの過負荷
若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因の1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

ぎっくり腰にならないためには予防がとても大切です!
なかさこ整骨院では筋膜リリースをオススメします。

詳しいやり方はお問い合わせください!

効率的に疲れをとるには、どんな点に注意すればよいのでしょう?

1. 十分な休養と睡眠をとる
眠っているときは、筋肉が弛緩して休養状態になります。運動後、きちんと休憩をとって体を休めることも大切です。

2. マッサージやお風呂も効果的
滞った血行を促進するために手っ取り早いのが、マッサージ。また、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるのもおすすめです。血行が良くなったことで、血液中の疲労物質が肝臓へ運ばれて処理されやすくなり、疲労感を軽くできます。

3. 日ごろから運動を
普段から運動していない人は、血液循環も悪く、血管も未発達。乳酸を効率的に減らすためには、適度な運動をしましょう。
適しているのは、大量の酸素を取り込む「有酸素運動」です。代表的なのはジョギングやウォーキング、水泳などで、腹筋やバーベルといった、息を止めて力を入れる「無酸素運動」は向かないので注意しましょう。

4. きちんと栄養補給
豚肉などに含まれるビタミンB1は、疲労を回復させるはたらきがあると言われています。また、運動ストレスを解消するビタミンCも大切です。もちろん、エネルギー代謝をおこなうための炭水化物や、細胞を活性化する各種ビタミン、ミネラルもきちんと摂取したいもの。

5.なかさこ整骨院で超疲労回復
間違いなくこれが一番いい(^^)w
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

長年、膝の痛みに悩まされている人の中には、「頻繁に通院して注射を打ったり電気をあてたりしているのに全然良くならない」という方がおられます。
痛み止めの薬やマッサージなどは、現在表に出ている痛みを一時的に抑えるもので、痛みの元を取り除く根本的な治療法ではありません。
薬などに頼り医者に「治してもらう」という姿勢では、
これから先もずっと慢性的な膝痛と付き合っていくことになるでしょう。

慢性的な痛みは、長年ひざを酷使したり、ひざに悪い生活を続けてきたことが主な原因です。
ひざに負担をかける要因は様々で、特に膝に良くない姿勢や動作、運動不足、食べ過ぎによる肥満、さらには膝をかばって過保護にしすぎる生活もかえって症状を悪化させます。
こうした膝に良くない生活習慣を原因とする膝の痛みは生活習慣病の一つで慢性の病気です。
症状の改善のためには、食事、運動、休養のとり方など、毎日の生活習慣を改善することが大切です。

自分で運動する習慣をつけよう

◆膝を適度に動かすことが大事
膝の慢性痛を和らげるには、運動によって膝を適度に動かして筋肉、骨、靭帯などの組織を丈夫にすることが大切です。
ただし、運動をしすぎたり、痛みを我慢して無理に動くのは逆効果です。「痛みをあまり感じない範囲で、積極的に継続して行うこと」が重要です。
例えば、「一度に10分は歩けないけれど5分なら大丈夫」なら、5分ずつを一日に数回、できる範囲で行いましょう。強い痛みや膝の違和感を感じたら無理をせず、すぐに運動を中止して安静にしてください。痛みが無くなったらゆっくりと再開します。とにかくあせらず少しずつでもいいので継続することが重要です。
運動を長く続けることで、徐々に膝が鍛えられて痛みが少なくなり、長い時間動くことができるようになっていきます。

◆なぜ安静にし過ぎると良くないのか
ひざが痛くなると動くのがおっくうになります。
更に動かすことで症状が悪化しそうな気がして、つい過保護にしてしまいがちです。
しかしひざを動かさずにいると、骨、軟骨、筋肉、靭帯といった、関節を構成する組織はどんどん弱っていきます。
筋肉や靭帯が衰えると、固くこわばり柔軟性がなくなります。
すると膝を支える力が弱まって安定感がなくなり、膝関節の動く範囲が狭くなって曲げ伸ばしもしづらくなってきます。筋肉の量が減ることで血行が悪くなり痛みは悪化して治りも遅くなります。骨は弱くなって骨折しやすくなり、老化した軟骨は膝を動かした時に欠けたりすり減りやすくなります。

つまり、ひざを動かさないことで関節の老化が早まり、ますます関節の変形・破壊が進みます。
「痛いから動かさない」→「動かさないから衰える」→「衰えて痛みが増す・動かなくなる」という悪循環に陥ってしまうのです。

ひざの改善得意中の得意です。
まずはお問い合わせください。
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

例えばあなたがバスケットボールやサッカーなど、とても疲れるスポーツの選手の場合、
1試合を終えても「3時間後に大事な試合がある」「明日が決勝戦だ」というような状況には
よく遭遇することだろう。このように短期間で疲労回復をしたい場合はどうするか。

●ランニングなどでクールダウンを
運動後に急に動くのをやめると、今まで筋肉の収縮にも支えられていた血流を循環させる作用が、すべて心臓の力によることになって弱まり、疲労の回復が遅れる。激しい運動をした後は、軽いジョギングなどのクールダウンを行おう。理想の時間は15~20分くらいだとされるが、時間が取れない場合には体育館やグラウンドを1~2周、気持ちいいペースで走るだけでもずいぶん体感は違ってくる。

●マッサージをする
知識を持つトレーナーにマッサージをしてもらおう。筋肉がほぐれて血流がよくなり、筋肉痛を最低限のレベルに抑えることを助けてくれる。よいマッサージを受ければ楽に体が動くようになる。マッサージの知識がない場合はストレッチにとどめよう。素人がマッサージをすると強すぎる刺激で筋繊維を傷つけてしまい、かえってケガをしかねない。

パフォーマンスを上げようと思ったら
適切なリカバリーを!!
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

疲れているときに、なぜか食べたくなるのがすっぱいもの。
酸味の成分であるクエン酸や酢酸には、乳酸を水と炭酸ガスに分解するはたらきがあります。
さらに、新しい乳酸が作られるのを防ぐため、疲れを癒してくれます。
「疲れたな」と思ったら食べるようにしましょう。

酸っぱいもの食べて、パワープラント運動療法したら完璧(^^)
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

糖質制限で食べて良い食材をご紹介!

糖質制限食において食べても良いのは、タンパク質や脂質が主成分の食品。
高タンパクの豆腐や納豆などの大豆食品のほか、肉や魚貝類・卵、脂質も多く含まれるチーズやナッツもOK。
肉もささみや胸肉のような低脂質のものだけに限りません。
それこそ霜降りの牛肉だってOKなんです。
もちろん、脂の乗ったお魚もOK。魚の油はむしろ積極的に摂るべきです。

調味料も、糖質の低いマヨネーズは糖質制限食の強い味方。
油脂は糖質を含みませんので、調理用の油やバターもOK。
出来ればオリーブオイルなど良質な油を摂取するようにし、リノール酸の過剰摂取は避けるようにすれば万全です。

砂糖はNGですが、エリスリトールなどのカロリーゼロ甘味料は血糖値を上昇させないため使用できます。カロリーカットではなく、ゼロの甘味料を選ぶことがポイントです。(人によってはおなかがゆるくなることがありますので注意します)

生クリームだってOKです。
調理に使っても良いし、カロリーゼロ甘味料を使って甘いホイップクリームを作ってもいいですね!

糖質制限食だって、工夫次第で色々楽しめるのです。
野菜は「たくさん摂れば摂るほどヘルシーだし体に良い」という気がしますが、糖質という点で見ると、摂取する野菜の内容によっては食べ過ぎに注意が必要になってきます。

糖質制限でおすすめなのは、ブロッコリーやカリフラワー。ビタミンCや葉酸、食物繊維など嬉しい栄養成分が豊富で糖質が低く、使い勝手の良い食材です。
糖質制限を実施されている方の中には、カリフラワーを細かく切って火を通したものをごはんに見立て、チャーハン風やリゾット風にして食べている人も。素晴らしいアイディアですね!

きのこ類も糖質制限の強い味方。食物繊維がたっぷりで食べごたえもあります。
積極的にとりいれたい食材です。

果物ではベリー類が比較的低糖質です。中でもラズベリーは糖質が低いので、工夫次第で色々使い道が出てくると思います。

アボカドも各種栄養素と良質な脂肪酸がたっぷりで糖質が低く、非常におすすめの食材。満足感が高く、そのまま食べたりチーズを載せてグラタン風に焼いたり、つぶしてクリームソース風にしたり…様々な料理に活用できます。

お肉は糖質制限OK食材!満足感の高いお肉をたっぷり食べましょう♪
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

工夫次第で色々食べられる

色々と制限があるように思われる糖質制限食ですが、工夫次第ではどんなジャンルのものだって食べられます。

パンはふすま粉や大豆粉を利用して低糖質なものを作ることが出来ますし、販売もしています。
スイーツもカロリーゼロ甘味料や低糖質な食材を使えば何でもOK。
大豆粉でシフォンケーキを作り、砂糖を入れないホイップクリームを添えるなんてことも!
衣のある揚げ物は要注意食材ですが、低糖質パンでパン粉を作ったり、大豆粉をころもにすればローカーボな料理に変身します。

私は大豆粉をまぶして作る塩唐揚げが大好き!カリカリしてとっても美味しいです。大豆粉をまぶしたらすぐに揚げるのがポイントです。時間を置くと大豆粉が水分を含んではがれやすくなります。
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

40代からダイエットしたい方必見!
糖質制限で注意したい食材!

いも類でも生の長芋(山芋)・さといもなどぬめりのあるいも類、穀物ではトウモロコシなどは思ったほど血糖値が急上昇しないという人もいるようです。
これはいものぬめり成分(水溶性食物繊維)や、食物繊維であるトウモロコシの皮を一緒に摂取することで血糖値の上昇が抑制されるためと考えられていますが、個人差が大きく、中にはこの食材を摂取しても血糖値が急上昇する人がいます。
自分がどれに当てはまるかは、これらの食材を摂取後に血糖値を測定するしかありません。
その他にも、「甘い」と感じるものは糖質が多く含まれる傾向があります。
例えばフルーツトマトやスナップエンドウ、冬のほうれん草など…
ただし穀物やいも類のように多いわけではありませんので、大量に食べ過ぎず、少したしなむ程度なら良いでしょう。

糖質制限食では1食あたりの総糖質量を重視しますので、この数字が大きくならないように調整すれば良いわけです。

果物も糖質が含まれるため、注意が必要です。
果物に含まれる果糖はブドウ糖に比べ血糖値を上げにくいとされており、糖尿病患者にも果物は一定量摂取するように指導されていたりします。

しかし、健康な人ならともかく、食後高血糖になりやすい人や糖尿病患者に関しては、果糖でも高血糖になりやすい場合があります。
自分がそれに当てはまるかどうかは果糖を摂取して血糖値を測定するしかありません。
わからない場合には、たくさん食べ過ぎないように心がけることが必要です。
また同じ果物でもバナナは炭水化物食材なので、食べるならごく少量に。

ドライフルーツは基本的にNGです。

糖質オフ系ドリンクや酒類は、まったく0ではないため、飲み過ぎればそれだけ糖質を摂取することになります。糖質ゼロでない限りはたくさん飲まないようにしましょう。

牛乳、ヨーグルトも要注意食材とされます。乳製品に含まれる乳糖は糖質であり、血糖値を一定量上げる作用があります。摂取する際には糖質量を確認・計算して、摂り過ぎないようにします。
同じ乳製品でもチーズ、生クリームはOK。生クリームについては、低脂肪や添加物が入ったものは糖質が高くなりますので、純乳脂肪クリームを選ぶようにします。
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

当院では、痛み、不調を根本から改善するために
糖質制限・ダイエットを治療に取り入れています。

糖質制限って何?
どんなものがあるん?

NG食材を知っておくだけでダイエットに成功された方、沢山いらっしゃいます。

★糖質制限でNGな食材★

糖質制限食では、糖質を多く含む食品はすべてNGとなります。
炭水化物食材としてメジャーな米、小麦(めん類など)、いも類はNG。
やむを得ず摂取する場合には、玄米などの未精製穀物が良いでしょう。
小麦粉類は当然NGですし、でんぷんから作られる片栗粉(あんかけのとろみづけにも使われています!)、春雨、くずきりなども一見ヘルシーなようですが、糖質制限的にはNGです。
「油脂はOKだから揚げ物のもOK」と思いがちですが、衣に使われる粉類やパン粉は炭水化物なのでNGです。

野菜の中でも根菜類は特に糖質量が多いとされています。
人参、レンコン、ごぼう、たまねぎも要注意。たくさん食べ過ぎないようにしましょう。
「火を通すと甘くなる」特徴のある野菜は、それだけ糖質が増えるということなので注意が必要です。

キャベツは火を通すとたくさん食べられますが、その分糖質摂取量も増えるので注意。
緑黄色野菜として有名なかぼちゃも、炭水化物がたっぷり。NG食材です。
それから豆類も注意が必要です。
「大豆がOKだから豆類はOK」と思うかもしれませんが、実は大豆以外の豆類は結構糖質量が高いです。
大豆以外の豆類は摂取し過ぎないようにしましょう。

みりんや料理酒にも糖質は含まれますし、ケチャップやソースは砂糖をたっぷり使っている場合が多いため、注意が必要です。めんつゆやポン酢、ドレッシングも糖質が含まれています。特にノンオイルドレッシングは、油を使わない分、味にコクを出すために糖分を多く使用していることがあります。
コンソメも成分を見ると糖質量が結構ありますが、大量に食べるものではありませんので、適量なら良いでしょう。
これらの調味料は糖質をカットしたものが販売されている場合がありますので、利用してみましょう。

カレーやシチューのルウも注意が必要です。とろみを付けるためにでんぷんや小麦粉が入っており、高糖質です。カロリーオフのルウほど高糖質になる傾向があるので、惑わされないように!

そして言うまでもなく、「お菓子などの甘いもの」は基本的にすべてNGです。
「甘い=砂糖が入っている」から。
砂糖は糖質のカタマリですので、当然糖質制限食では使用できない食材です。
甘いお菓子もやめておきましょう。成分表示を見れば、糖質量の高さに驚くはずです。
調味料では先にも挙げた砂糖がNGの筆頭となりますが、糖質を含む調味料はこれだけではありません。

飲み物類ではもちろんジュースがNG。
最近多く販売されている「糖質ゼロ」系なら飲むことが出来ます。
野菜ジュースは、砂糖が入っていなくても甘く感じるものが多いです。これは糖質がそうさせているのですから、飲まないほうが無難です。試しにパッケージの成分表示を確認してみると、糖質量の多さがわかります。

お酒やアルコール飲料にも糖質が多く含まれます。日本酒、ビール、白ワイン、サワーやカクテルは要注意。焼酎などの蒸留酒なら問題ありません。
酒類も「糖質ゼロ」系ならばOKですが、アルコールが入ると肝臓が糖新生を行えなくなり低血糖になりやすくなるため、飲み過ぎには注意が必要です。

毎日の少しの心がけで変われます。
無理なく続けて下さい。
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

Q:よく乗り物酔いをするのですがセイフプレーンの揺れで酔いませんか?
A:セイフプレーンは一律の安定した揺れなのでまず酔いません。      
逆に揺れが気持ちよくて寝てしまうほどです。乗り物酔いをされる方で実際に乗って気分が悪くなった方はまだいません。ただメニエル氏病をお持ちの方で常に目が回っている方はお勧めしません。

Q:服装はどのような格好が良いですか?
A:生地の柔らかい素材でしたらなんでも構いません。
背中にボタンがあったりベルトが太すぎるとベットの揺れの時にあったって痛む事があります。
なるべく軽装でお願い致します。

Q:どんな症状の方が乗るの?
A:治療範囲以内のぎっくり腰の方、体力のないお年寄り、アスリートの疲労回復など広い範囲で適応できます。特にぎっくり腰の方は治療の変化がわかりやすいです。

パワープラント運動療法をするにあたって大切にしている事。

セイフプレーンはローラーや牽引その他ボタン一つ押せば終わりという単純な治療ではありません。いかに患者さんがこの治療法を理解しリラックスして行うことが出来るかがポイントになります。

そのためには患者さんの不安を取り除くため、セイフプレーンの安全性をわかりやすく説明をしながら、治療を進めて行きます。

緊張をした状態で体に力が入っていたり、痛みを我慢して乗ると効果が半減します。
また、セイフプレーンは体の揺れ具合を見ながら速さ調整します。こまめなコントロール操作が大事になります。セイフプレーンは私の手の代わりに行っていると常に考えます。
_________________________________________________

■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分 _________________________________________________
なかさこ整骨院  受付時間 10:00-20:00【予約制】
■大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル2階
■☎️ 06-6375-7700
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■LINE@ID @hvj9094m

診察予約はこちらから>
06-6375-7700(受付時間 10:00~20:00)予約制
施術中・往診中でお電話に出られないことがあります。お手数ですが再度ご連絡いただくか、メールでの予約をお願いしております。
メールでの予約はこちらから
LINE@からの予約はこちらから
※診察時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。
STORE INFORMATION店舗情報
アクセスマップ
施術内容
首、肩、腰、膝など不快な症状の回復、スポーツ後の早期疲労回復、運動不足の補助運動・寝たきり予防、ぎっくり腰、ストレス・疲労解消、交通事故、産後ケア
店舗概要
10:00~14:00 ×
14:00~20:00 ×
休診日日曜・祝日
住所〒531-0071 大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
TEL06-6375-7700
SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス
MAIL
LINE@
TEL
PAGE TOP