INFORMAITIONお知らせ一覧

立っていると腰の反りが強まってきて痛くなる・・・
寝る時に仰向けだと腰が痛いから横向きで寝ることが多い・・・

ということはありませんか?

・背中の筋肉をストレッチしてもすぐに元に戻って腰に痛みが出る。
・腰をマッサージしたけど、なかなかほぐれない。

それもそのはずです。

腰の筋肉が原因なのではありません。

【3つの反り腰の原因の筋肉】

1、太ももの前側の大腿四頭筋

この筋肉は、骨盤の前側についているので、
この筋肉が短縮して固まってしまうと、骨盤の前傾を強めてしまうのです。

この筋肉は膝を伸ばす筋肉でもあるので、
立ち仕事が多い人は、この筋肉がどうしても固まりやすいのです。

インナーマッスルが上手く使えていれば、
アウターマッスルである大腿四頭筋はゆるむのですが、
多くの方がインナーマッスルが使えていないため、大腿四頭筋は固まりやすいのです。

2、太ももの裏のハムストリングス

この筋肉は膝を曲げる筋肉でもあり、骨盤を後ろに傾ける筋肉でもあります。
大腿四頭筋が短縮して固まっている人は、この太ももの裏の筋肉は伸びて使えていない状態です。使えていないので、骨盤の前傾が強まってしまうのです。

3、インナーマッスルで有名な腸腰筋

この筋肉は、みぞおちの高さの背骨(胸椎12番)の前側や骨盤の内側から、
太もものつけ根までついています。

この筋肉が短縮していると、骨盤の前傾が強まるだけでなく、
みぞおち辺りから胸を突き出すような反り腰になってしまいます。

インナーマッスルであっても、短縮して固まっていれば使えていない状態です。
ですので、アウターマッスルを使う割合が増えてしまいます。

では、この筋肉をストレッチしてほぐせば良いのですが、
それがなかなか上手く出来ない事が多いのです。

【ストレッチが上手く出来ない】

腸腰筋は太ももを前に持ち上げる筋肉ですので、
太ももを後ろに伸ばすことで筋肉がストレッチされます。

しかし、太ももを後ろに伸ばそうとする際に、
かえって腰を反ってしまう方が多くいます。
綺麗なポーズを取ろうとしているヨガの方に多くいます。

ですので、意外とヨガの方で腰痛で悩んでいる方は多くいます。

なかさこ整骨院では単純なストレッチではなく
機能的な筋肉のつながりを応用した効果的な方法をお伝えします。
 
反り腰を治したい方は⇓⇓

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

今日は「姿勢から分かる体幹と内臓との関係性」について、
具体的な例を上げて分かりやすく説明していきます。

私は普段、身体の状態をチェックしながら運動しています。
そんな中、ついつい目に入ってしまうのが、スタイルがいいキレイな女性です。笑

職業柄、キレイな姿勢をみるとついつい見てしまうのという事です(^.^)笑

先日も、走っている女性の後ろ姿が素敵で、ついつい目がいってしまいました。
少しの間見とれていると、ある事に気づいてしまいました。

姿勢も一般的にスラッーとしていて、
全体のバランスは一見とれているように見えるのですが、

「首の左への横ブレが大きいな」と、
ここで整体師としての姿勢・動作分析のスイッチが入ってしまいました。

「首の動揺」について、姿勢や動作から分かった身体の問題点を解説していきます。

観察するときのポイントは、

・ 一番動いている部分
・ 一番動いてない部分
・ その2点の関係性

です。

一番動いているのは、首の左への横ブレ。
一番動いてない部分は、背骨の右側が特に固まっていて、右の胸郭の動きがないという事でした。

TL(筋反射を用いたOリングテスト)を使うと、
右の胸郭にある「肝臓」が固まっていることが分かりました。

この関係性を考えると、

肝臓が固まって右の胸郭の動きがないために、動作時の右側腹部の安定性が悪くなっている。
その結果、右に重心が乗せにくくなり、首が左へ横ブレしているのではないか?
と仮説を立てました。

ここから、経絡(ツボとツボのつながり)の視点も加えます。

肝臓の経絡は、右母趾から股関節内側を通っています。

肝臓が固まった結果、肝臓の経絡の流れが悪くなり、
右股関節内転筋に力が入りづらくなって、右脚に体重が乗ってこないとも考えられます。

ですので、この方に肝臓の動きを良くする徒手療法を行うと、

・ 右腹部に力が戻る。
・ 肝臓の経絡が整い、右母趾から右下肢への力の伝達が上手くいく。
・ 右側腹部と右下肢が安定することによって、右下肢に体重が乗り、頭部の左への過剰な傾きも軽減する。

と、考えました。

実際に、肝臓が一番の原因で体幹の右側が不安定になったり、
右下肢に体重が乗らなくなることがあります。

その結果、首など一見関係のなさそうな所に痛みが出る方は多くいます。

他にも、肝臓が疲れている方の特徴をいくつか挙げておきますので、
ご自身の参考にして下さい。

・ おでこがやや前に凸で出ている。
・ 頭痛や目が疲れやすい。
・ 交感神経優位で身体の疲れが抜けづらい。
・ イライラしやすい、
・ 大腿内側の力が抜けやすい。
・ 外反母趾になりやすい。
・ 胸郭の横の広がりが少なく、身体を横に倒しづらい。

などがあります。

もっと詳しく「姿勢から分かる体幹と内臓との関係性」について知りたい方は、
なかさこ整骨院までお越しください。

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

子どもの人格育成の一環として、サッカーや水泳など何か習い事をさせたけど、
思ったような変化がなく、習い事を続けさせるべきかどうか悩んでいる親御さんは多いです。

そんな親御さん朗報です(^.^)

もし、足が速くなるだけで、子どもの人格が育ったら素晴らしくないですか?

今回は、足が速くなる方法と、
足が速くなると子どもの性格が良くなる理由をお伝えします。

【足が速くなるメリット】

1、子どもに自信がつきます。

是非タイムを計ってあげて下さい。
具体的にタイムという数字が良くなると、嬉しいものです。
たとえ0.1秒でもタイムが縮まれば、その成果を褒めてあげて下さい。
それが自信につながり、子どもの人格を育てる事になります。

2、前向きな気持ちになる。

多くの子どもがちょっとした良い変化に気づけていません。
そして、大きな目標に対して出来ない事に目を向けて、
挫折感を味わってしまい、運動やスポーツに苦手意識や劣等感を持ってしまっています。
0.1秒でも変われば良いのです。
その事に気づかせてあげて下さい。
そうすることで、やれば出来るという前向きな気持ちが生まれてきます。

3、粘り強い子になる。

少しの変化に気づければ、その事に対して楽しさを覚えます。
ましてや、親から褒められたらなおさらです。
楽しさを覚えた多くの子どもは、途中であきらめにくになります。
最後までやり続けるような粘り強い子どもになります。

4、友達と仲良くなれる。

友達に遊びを誘われても断ってしまう子どもがいます。
理由は、その遊びが上手く出来ないからです。
走る事は、多くの運動の基礎的な要素を含んでいます。
ですので、走りが速くなると様々な運動が今までより出来るようになります。
運動が上手く出来れば、断ることはなくなります。
また、誘われる機会も多くなります。
多くの友達と関わる事で、子どもの人格が形成されるのです。

5、勉強もやるようになる。

不思議かもしれませんが、足が速くなった子どもは、
勉強も自らやるようになる事が多いです。
なぜなら、やれば出来るという感覚を身体で体感したからです。
体感した子どもは、言われてやるのではなく、自らやるようになります。

次に、簡単に足が速くなる方法をお伝えします。

【足が速くなる2つの筋肉】

その筋肉は、インナーマッスルで有名な『大腰筋』と
太ももの裏側の『ハムストリングス』という筋肉です。

この2つの筋肉は機能的につながっており、
本来鍛えにくい大腰筋も以下のワークで誰でも簡単に筋肉を鍛える事ができます。

具体的な方法は、ご来院時にお伝えいたします★

一流のスポーツ選手もやっていることなので、是非やってみて下さい。
スキンシップにもなりますし、一緒にやってみるのも良いと思いますよ。

・ 子どもに自信を持たせたい。
・ 勉強を自らやるようになってほしい。
・ こどもが速く走れる方法をもっと知りたい。

そのような方は、ご連絡ください。

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

膝が痛くてお医者さんに診てもらうと、

「膝の軟骨がすり減っているから痛いんですよ。」

と言われる場合があります。

実際にすり減ってたことで痛みが出ている方もいますが、
実はすり減っていても痛くない方はいるのです。

つまり、軟骨がすり減っている事が痛みの一番の原因という訳ではなく、
他に原因があるのです。

【膝の軟骨がすり減る状態とは?】

膝関節は、太ももの骨である「大腿骨(だいたいこつ)」と
すねの骨である「脛骨(けいこつ)」の二つの骨から構成されています。

この二つの骨の間には、歩いたり走ったりする際にかかる
関節への衝撃をやわらげてくれる関節軟骨と呼ばれるものがあります。

この軟骨や半月板がすり減ったり損傷することで、
衝撃がうまく全体的に分散されず、
一部分にだけ負担がかかってしまうことで周囲の靭帯や筋肉、腱などが
炎症起こしてしまうことで痛みが生じます。

つまり、何らかの原因で軟骨がすり減った結果、
炎症を起こして痛くなってしまうということです。

【膝の軟骨がすり減って膝が痛む原因】

すり減るくらいの負担が繰り返しかかった結果、
周囲の筋肉や靭帯などが炎症を起こしてしまって痛みを感じることがあるのです。

つまり、軟骨がすり減ってしまった原因に対して対策をしないと、
痛みは変わらないことが多いです。

手術して変形を治したり、膝にたまった水を抜いてもらったりしても、
膝にかかる負担は変わらないので結局痛みや水がたまる、といった症状はなくなりません。

よくある原因が、O脚やガニ股です。

この姿勢だと膝の内側が圧迫されます。

この状態で歩いたり立ったり座ったりすると、
膝の内側に集中して負担がかかることで軟骨がすり減り、
周囲の組織が炎症してしまいます。

【ガニ股やO脚を治す方法】

内股にする方向へ脚を動かせばいいのですが、具体的にどうしたらいいのでしょうか?

ポイントは「股関節」です。

実はガニ股は膝関節が外側に開いている状態ですが、
実際に膝関節を直接外に開くような筋肉はありません。

内股も同様で、膝関節を直接内側に閉じるような筋肉はないんです。

そこで出てくるのが股関節です。

股関節には内側に直接動かす筋肉がついているので、
その筋肉を使えるとO脚やガニ股が良くなることがあります。

その筋肉は、内ももの筋肉(内転筋)です。

内転筋は、内臓を下から支える骨盤底筋や脚と背骨をつなぐ
大腰筋などのインナーマッスルと筋膜でつながっています。

ですので、内転筋を使える状態にすることは、
体幹の安定性を良くする事にもなります。

このつながりは、アナトミートレインでいえば、ディープフロントライン(DFL)です。

【内転筋を簡単に使いやすくする方法】

以下は、左内ももを叩く場合の手順です。

・立った状態で、左脚を足幅2つ分くらい前に出す。
・左手をへそから指4本上の部分に当てる。
・股関節から身体を少し前傾させ、右手で左内ももを10回叩く。

大腰筋はへそから指4本の部分までついているので、
この部分を触りながらやることで、大腰筋を使いやすくする事ができます。

その結果、効果的に内転筋を使える状態にする事が出来るのです。

たったこれだけでガニ股やO脚は変わっていき、
膝の内側に負担がかかる事は少なくなります。
気になっている方は是非やってみて下さい。

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

四十肩・五十肩になると、寝ている時に肩が痛くなる夜間痛で悩まれる方がいます。

痛みがあると寝不足になりますし、辛いですよね。

『痛み止めの薬』や『ストレッチ』では、なかなか改善しない事があります。

それには根本的な理由があります。

今回は、夜間痛の中でも一番多い、肩関節の夜間痛を例にして、
日常に潜む根本原因とそれを改善する方法をお伝えいたします。

【夜間痛の原因】

・関節内圧が常に高い。
・血流が悪い。

<関節内圧とは?>

関節内圧とは、骨同士が離れないようにしておくための仕組みです。
これが適切に働くことで、筋肉や人靭帯に負担がかかりにくくなります。

イメージとしては、吸盤がガラスに張り付いている感じです。

このシステムで常に骨が関節にフィットしています。

この関節内圧は、筋肉が常に力が入っていると、高くなってしまします。
圧が高くなった結果、痛みが発生します。

<血流が悪いと痛む理由>

常に力が入っていると、筋肉は凝り固まって血流が悪くなります。
すると、痛みを出す物質がそこにとどまってしまうので痛みを感じてしまいます。

つまり、常に力が入って筋肉が固くなると、
血流も悪くなりますし、関節内圧高くなり、痛みが出るのです。

<筋肉が固くなる理由>

それは、アウターマッスルが過剰で、
インナーマッスルと関係が深い筋肉が使えていない事が原因です。

日中に、アウターマッスルしか使えていないため、同じ筋肉が固くなるのです。

肩でいえば、「三角筋」や「僧帽筋」といった肩をすくめるように働く筋肉が
過剰に使われやすい傾向にあります。

そして、インナーマッスルと関係が深い、脇の下にある「前鋸筋」が使えていません。

つまり、日中からインナーマッスルも使える状態にしておけば、
三角筋や僧帽筋などの肩の筋肉が固まることはなくなります。

結果、血流も良くなりますし、関節内圧も正常に戻ります。
 

<夜間痛を改善する体操>
 
〔前鋸筋の体操・・・1〕

・脇の後ろ側を掴む。
・掴んだまま、腕を後ろに5回まわす。
・次に前に5回まわす。

〔前鋸筋の体操・・・2〕

・前にならえの状態を作る。
・この状態のまま脇を締める。
・指先を前に突き出す。
・そこから戻す。
・これを10回行います。

 _________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

しびれ症状は、なかなかうまく治らない時がありますよね。

例えば、大腿前面や側面に痛みやしびれがある場合、
『大腿神経痛』と呼ばれています。

病院に行くと腰椎や骨盤の調整か、痛み止めを処方されます。
手術をすることもありますが、症状がなくならないという方もいます。
しかし、診方を変えれば評価が変わり、痛みやしびれの改善につながります。

大腿神経は、第2~第4腰神経からなります。

歩く為に必要な筋肉を支配していますので、
重篤な状態ですと痛みやしびれによる歩行困難に陥ります。

先日、この大腿神経痛に悩まれている方がいらっしゃいました。

4か月前から痛かったそうです。
症状としては、左のふとももに、安静時痛と運動時痛ともに有り。
その他の情報は特にないまま、先入観を持たずに評価を始めました。

すると、胃と膵臓が固まっている反応が出ました。

そこを調整した結果、痺れや痛みは消失しました。
ただ、動きのぎこちなさが残っていたので、
股関節のセルフケアを指導したところ、動作はスムーズになりました。

【内臓と大腿神経痛に関係があるのか?】

ここで少し、繋がりを見ていきましょう。

胃や膵臓は、腹腔神経叢からの支配を受けております。

実際、胃や膵臓などの疼痛に対して神経ブロックを行う時は、
この神経叢に対してブロック注射を行うようです。

この神経叢は第12胸神経節,第1,第2腰神経節から出る枝などから作られています。
そして大腿神経は第2~4腰神経でしたね。

また、ツボとツボの繋がりである経絡で考えると、
胃と脾(膵臓)の経絡は大腿前面を通っています。

アナトミートレインという筋膜でいうところの、
スーパーフィシャルフロントラインです。

このように胃や膵臓と大腿神経には関係性があり、
経絡で考えてみても胃や膵臓の不調が大腿前面に現れ、
左大腿部の痛みといった症状につながったのだと思います。

本人に胃や膵臓の不調が原因と伝えると、本人はすごく納得していました。
飲食店を営んでいるので、どうしても食事が不規則になり、
胃に負担をかけている自覚はあったとのことでした。

そのため今回の施術に合わせて、
再発予防の観点から食事に関するアドバイスも付け加えました。

大腿神経痛の患者様が現れた際は、
良くある腰椎や骨盤の調整だけで変化が見られる人もいます。

ですが、大腿神経痛になるまでに至った原因を調整しなければ、
ぶり返してしまうことや改善しきれないことがあります。

ですので、筋肉や骨格といった『部分的』に診断するのではなく、
内臓や神経系、経絡などとの関連性を診ながら『全体的』に診ていきます。

何が原因なのかをしっかり見極めて、適切な処置と今後のアドバイスも致します。
 
股関節のセルフケアは、股関節の調整はもちろん、
腰痛にも効果ありますので、ぜひ試してみて下さい。

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

学生時代に捻挫を経験されている方は非常に多いです。

その捻挫のアフターケアが不十分で、
捻挫を繰り返したり、後々膝の痛みや腰痛を起こしている方が、
結構多くいらっしゃいます。

みなさんも、捻挫の経験がありますか?

その時の処置、ケアはきっちり行いましたか?

今回は、足首を内側に捻った場合のアフターケアをお伝えいたします。

【足首の解剖学】

足首を内側に捻った場合、足首の外側の靭帯を伸ばしてしまったことになります。

そのため、応急処置をし、痛みや熱感がある程度引いた後は、
外側の筋肉を鍛える必要があります。

実際にそのように指導されている医師やセラピストはたくさんいます。

この場合は、腓骨筋という、足首の外側にある筋肉です。
しかし、その筋肉の鍛え方と使い方が問題です。

<一般的な筋トレ>

腓骨筋を鍛えるには、

・つま先を下に向ける。
・外返しの動きをする。

この2つの動きが腓骨筋を鍛える運動です。

(外返しとは、足の裏の外側を持ち上げるような動きです)
表現を変えると、小指側を持ち上げ、親指側を下げるような動きです。

<一般的な筋トレでは不十分な理由>

どの筋肉にも言えることですが、筋肉は色々な関節の角度で使える必要性があります。
そして、他の筋肉と機能的につながっているため、
その筋肉と連動して使えるようにしなければ意味がありません。

つまり、筋肉単体で鍛えるだけで終わってしまっては、
その筋肉は機能的に働いてはくれず、関節は不安定のままなのです。

そのため、捻挫を繰り返す人が多かったり、
足首をかばうために膝や腰が痛くなったりするのです。

同じ理由で、運動のパフォーマンスも、
捻挫自体が治ったとしてもなかなか上がらないのです。

<腓骨筋と関係があるインナーマッスル>

腓骨筋は、インナーマッスルを優位に使うために必要な筋肉でもあります。
そして、以下の筋肉と機能的につながっております。

・膝窩筋(膝の裏)
・ハムストリングス(太ももの裏)
・骨盤底筋群(骨盤の底)
・大腰筋(股関節から背骨)
・横隔膜

これらも使うような運動が大事になります。

<効果的な自主トレーニング>

先ほどの一般的な自主トレーニングも大事ですので、行って下さい。
合わせて以下のトレーニングもやってみて下さい。

【足裏のクロスポイント】
ポイントは、長腓骨筋が通る場所、ここを押さえながら足を動かします。

【股関節スクワット】
このトレーニングで、大腰筋とハムストリングスも使えるようにします。

これらをやっていただくことで、捻挫を繰り返しにくい身体になりますし、
膝や腰にも負担がかかりにくくなります。

詳しいやり方は、ご来院時にお伝えします。

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

お尻から足にかけての痺れ・・・
歩く時に力が入らない・・・
痛くて座っていられない・・・

などの症状はありませんか?

坐骨神経痛は坐骨神経の狭窄によって起こるとされますが、
原因不明の場合が多いです。

そのため、痛み止めや湿布薬での対症療法となりやすいですが、
リハビリによって改善できる症状も多くあります。

今回は、軟部組織由来の坐骨神経痛による症状の理解と原因、評価するポイントについて
2つまとめていきます。

【坐骨神経痛とは?】

坐骨神経痛とは、坐骨神経の分布域に放散する神経痛で、
神経の走行に沿って疼痛を感じます。

坐骨神経の走行路に近接する腰椎下部の椎間板ヘルニアや
腫瘍による神経の圧迫などで起こり、
好発部位はL4〜S1の障害が多く認められます。

病院では、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を疑って検査しても
画像上はなにも原因がわからない場合があり、
原因がはっきりしない臀部から足にかけての痛みのことを総称して
『坐骨神経痛』として診断されることもあります。

また、手術によってヘルニアなどによる神経の圧迫は取り除かれているはずなのに
症状が改善しないこともあります。

この場合、上記疾患の疑いはないので
坐骨神経が走行している部位のどこかでなんらかの要因によって
神経が障害されていることが考えられます。

筋肉の柔軟性低下、筋緊張増加による圧迫や筋肉同士の癒着、
関節の可動性が悪いことで筋肉の動きが悪くなっている、
または硬くなっていることで坐骨神経に対して刺激を与えており、
坐骨神経痛様の症状が出ている可能性があります。

【坐骨神経の走行分布】

坐骨神経は足先に向かって走行しており、脛骨神経と総腓骨神経に分かれます。
大腿後面の筋、下腿と足部の全ての筋、
および下腿と足部のほとんどの皮膚に分布している神経です。

【坐骨神経痛の症状】

代表的な症状としては、以下のような症状が挙げられます。

●腰、臀部、大腿、下腿、足部の片側に痛みや痺れが出る。
●座っていると上記部位に痛みが出る。
●臀部から足にかけて力が入りにくい感じがする。
●歩くと上記部位が痛い。

痛みの部位、異常感覚、筋力低下が起きている部位と
画像上認められている神経所見と一致していない場合は
軟部組織由来の原因が考えられます。

【軟部組織由来の坐骨神経痛を起こす原因】

〔股関節の可動性低下〕

痛みが出現するのは、大腿後面の股関節に作用する筋群なので
当然股関節の可動性も影響します。

股関節の可動性が悪いと、股関節の筋群の柔軟性低下や筋同士の滑走性低下により
神経の動きも悪くなることが考えられます。

また、坐骨神経は梨状筋の下を走行しており、梨状筋は股関節に停止を持ち、
直接股関節に作用する筋肉であるため、股関節の可動性の悪さは梨状筋へも影響を与えます。

ポイントは、回旋制限の有無を評価してみると良いです。

〔筋肉による影響〕

坐骨神経の走行に沿った部分にある筋肉の柔軟性低下、
筋肉同士の滑走性の低下があると直接神経を圧迫することもあるし、
二次的に神経の動きが悪くなり慢性的なストレスで痛みが出現することも考えられます。

筋肉はバラバラに存在しているわけではなく、互いに重なるようにして位置しています。

しかし、筋肉が重なっている部分で炎症や廃用によって癒着が起こると、
本来滑り合うことでスムーズに運動ができるはずが、
滑らなくなることで2つの弊害が考えられます。

・筋肉同士が滑らないために過剰に筋収縮を起こす。
・当然、神経と他組織とも滑りあう必要があるので神経にも負担がかかる。

坐骨神経領域で問題となりやすい重なり合う筋肉は、6組あると考えています。

・梨状筋-中臀筋、小臀筋
・大臀筋-ハムストリングス
・大腿二頭筋-半腱・半膜様筋
・大腿二頭筋-腓腹筋外側頭
・腓骨筋-長趾伸筋
・長趾伸筋-前脛骨筋

<まとめ>

・軟部組織性の坐骨神経痛を診る際のポイントは以下の2つ。
・股関節は、特に回旋制限の有無を評価してみる。
・6組の坐骨神経の走行に沿った筋肉同士の滑走性の低下を、評価してみる。

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

足が偏平足で下半身が上手く使えていない方が沢山いらっしゃいます。

足の使い方まで意識が行きにくいですし、
意識したとしてもどうしたらいいか分からない…方が多いのではないでしょうか。

インナーネットで偏平足を検索すると1,070,000件引っかかります。
足がむくみやすかったり、疲れやすかったりで、みなさん困っているようです。

その偏平足を治す体操を検索すると、足首や足の指の体操が圧倒的に多いです。
しかし、それだけではなかなか治らないのです。

今回は3つの体操で足のアーチを取り戻す方法をお伝えいたします。

【偏平足とは】

簡単に言うと、「土踏まず」がない状態です。
足裏にあるべき綺麗なアーチが潰れています。

そのアーチには、3つのアーチがあります。

●内側アーチ
●外側アーチ
●横アーチ(3つ)

これらのアーチに関わる筋肉はたくさんありますが、その中の2つの筋肉を説明します。

それは、『後脛骨筋』と『腓骨筋』です。

この2つの筋肉は単独で使えていないこともありますが、
他の原因と一緒に使えていない状態になっている事が多いです。

【様々ある偏平足の原因】

・足自体の問題
・膝や股関節の問題
・体幹の問題

上記のように、足以外の問題で偏平足になることがあります。

例えば、股関節の筋力低下のため内股になり、
膝が内側に入ることで足のアーチが潰れることがあります。

ただし、問題の場所は違っても、共通している点があります。

それは…

インナーマッスルの機能低下です。

【足の筋肉と関係があるインナーマッスル】

後脛骨筋と腓骨筋は、アーチを形成するためにも重要ですが、
インナーマッスルを優位に使うために必要な筋肉でもあります。

そして、以下の筋肉と機能的につながっております。

・膝窩筋(膝の裏)
・ハムストリングス(太ももの裏)
・骨盤底筋群(骨盤の底)
・大腰筋(股関節から背骨)
・横隔膜

これらの筋肉を優位に使わせることで、
様々ある偏平足の原因となっている膝や股関節や体幹が使えるようになり、
偏平足が改善されます。

先ほどの例で言えば、
股関節の筋力である大腰筋やハムストリングスが優位になることで内股が改善し、
膝も正面に向き、足のアーチが回復するといった具合です。

【偏平足を改善させる3つの体操】

≪①足裏の体操≫

・足裏の中央を触ります。
・そこを触りながら足指の曲げ伸ばしを10回行います。

≪②膝の体操≫

・膝裏を触ります。
・そこから指4本分股関節に近い所を触ります。
・そこを触りながら膝の曲げ伸ばしを10回行います。

≪③股関節の体操≫

・足を肩幅に開き、足の指先と膝を正面に向け、外くるぶしに体重をかける。
・そけい部(股関節のつけ根)を触り、触ったまま膝が前に出ないようにしつつ、お尻を後ろに突き出す。
・太ももの後ろ側のつけ根の部分が伸びる感じが得られる。
・その部分を絞めるように使いながら、骨盤を前に出す。

日頃から上記の体操をすることで、インナーマッスルが使えるような身体になります。
腰痛予防にもなりますので、偏平足がない方もやってみて下さい(^.^)

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

膝を痛める方って多いですよね?

運動している人こそ痛みを訴える機会が多いですが、
そのような方は「安静にしていたら治る!」と思っている方も多いです。

しかし、なかなか治らなかったり、すぐ再発しているかと思います。

なぜか、分かりますか?

今回は、膝の解剖学をお伝えいたします。

【膝の構造】

膝は、大腿骨(太ももの骨)、脛骨(スネ)、腓骨(スネの隣の骨)、膝蓋骨(膝のお皿)
の4つの骨で構成されています。

一般に膝の関節と言われているのは、大腿骨と脛骨の関節です。

また大腿骨と脛骨は、前後左右にある4本の主たる靱帯
(前十字靱帯、後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯)によって結ばれています。

この4本の靱帯は、骨がずれることを防いで安定させています。

これだけ見ると、一見丈夫な関節のように感じますが、
股関節と比べると非常に弱い関節です。

股関節は、
・大腿骨に骨盤が覆い被さっているような形となっている。
・前後左右に太い靭帯がある。

膝関節は、
・脛骨(スネ)に大腿骨が乗っかっているだけ。
・靭帯は前後左右にあるが、細い。

【膝が痛みやすい原因】

2つの関節を比べると膝関節は、股関節より構造的に不安定ということになります。

そのため、
・膝関節の周りの筋肉に負担がかかり、痛みが出やすい。
・筋肉で補えなくなると、靭帯等に負担がかかり、痛みが出る。

【世間一般の治療】

・痛み止め
・大腿四頭筋の筋力強化

股関節と比べて不安定な膝関節を筋力で補うという発想は大事ですが、
不安定なため、常に筋力は頑張っている状態です。

その筋肉を更に頑張って鍛えても、効果は乏しいのです。

そのため、痛みを訴える人が減っていないのが現状だと思います。

ではどうすれば良いのか?

【発想を変えることが大事】

頑張っている大腿四頭筋を更に鍛えるのではなく、
他の関節の筋肉をしっかり使うことで、膝関節の負担を減らす
ということが大事になります。

ここでは特に、股関節にあるインナーマッスルの筋肉である
大腰筋を使うことをオススメします。

[大腰筋]
・膝の痛みを訴えている方は、この大腰筋が弱い事が多い。
・脊柱や横隔膜ともつながっており、体幹の安定性や呼吸と関係性がある。
・脚では太ももの裏のハムストリングスという筋肉との関係性が強く、ハムストリングスは股関節から膝関節までつながっている。

このように、大腰筋は重要です。

【大腰筋を効果的に使うエクササイズ】

・足を肩幅に開き、足の指先と膝を正面に向ける。
・外くるぶしに体重をかける。
・そけい部(股関節のつけ根)を触る。
・触ったまま、膝が前に出ないように、お尻を後ろに突き出す。
・太ももの後ろ側のつけ根の部分が伸びる感じが得られる。
・その部分を絞めるように使いながら、骨盤を前に出す。

このように行うことで、大腰筋を使った股関節の動きとなります。

【まとめ】

・膝関節は4つの骨と、4つの靭帯で構成されている。
・膝関節は股関節と比べて、不安定な構造となっている。
・膝関節の負担を減らすためには、他の関節をしっかり使う事。
・特にオススメなのが、股関節の大腰筋。

膝に問題があって、なかなか良くならないという方は、なかさこ整骨院にお越しください

_________________________________________________
なかさこ整骨院 🈺10:00-21:00
■大阪府大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
■☎️【予約制】06-6375-7700
■LINE@ID @hvj9094m
■✉︎ info@nakasako-bodyworks.com
■ホームページ http://nakasako–bodyworks.com/
■エキテン http://s.ekiten.jp/shop_89592667/
_________________________________________________
■JR大阪駅 御堂筋出口 徒歩10分
■阪急梅田駅 茶屋町出口 徒歩6分
■阪急中津駅 西出口 徒歩4分
■大阪メトロ御堂筋線中津駅 5番出口 徒歩1分
_________________________________________________
■It’s your turn is next.
■Osaka to the world !
■お身体に不安のある方はお気軽にご相談下さい
■土曜日も診療
☆交通事故・むちうち、まずは無料相談
☆ダイエット無料カウンセリング
_________________________________________________

診察予約はこちらから>
06-6375-7700(受付時間 10:00~20:00)予約制
施術中・往診中でお電話に出られないことがあります。お手数ですが再度ご連絡いただくか、メールでの予約をお願いしております。
メールでの予約はこちらから
LINE@からの予約はこちらから
※診察時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。
STORE INFORMATION店舗情報
アクセスマップ
施術内容
首、肩、腰、膝など不快な症状の回復、スポーツ後の早期疲労回復、運動不足の補助運動・寝たきり予防、ぎっくり腰、ストレス・疲労解消、交通事故、産後ケア
店舗概要
10:00~14:00 ×
14:00~20:00 ×
休診日日曜・祝日
住所〒531-0071 大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル201
TEL06-6375-7700
SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス
MAIL
LINE@
TEL
PAGE TOP